通訳になるために

私は通訳に昔なりたいと思って勉強をしていましたが、途中で挫折をしてしまいました。ですが、英語に興味を持っている人が最近では増えてきたので、私が昔学んだことを活かせる気がしたので書きとめておこうと思いました。ここでは通訳になるためには何を勉強すればいいのかを書いていこうと思います。まず簡単に通訳の仕事とはどんな仕事なのかというのを説明していきたいと思います。みなさんが通訳のイメージは大体英語などの外国語を翻訳して通訳するというのが仕事だと思います。実際にはそんなイメージでいいと思いますが、通訳でも専門的な知識を学ぶ必要性もあったりします。主に通訳で学んだほうがよいと言われる言語は英語、次に中国語です。そしてさらに先進国の国のドイツ語、イタリア語などアラブ諸国の言語ができればさらに重宝をされることでしょう。次は必要なスキルについて書きたいと思います。まず翻訳をするためにはバイリンガルにならなければいけません、英語を話すということをできても、英語を日本語に頭の中で翻訳をしなければなりませんから、英語と日本語の両方を行き来できるバイリンガルの方に通訳は適していると思われます。さらに3ヶ国語できるとトリリンガル、さらにそれ以上できるとマルチリンガルとどんどん通訳の幅が広くなってくわけです。ではその通訳になるためにはどのような資格がいるのでしょうか?通訳になるためには通訳学校というものがあります。通訳学校に通い専門的な知識を学ばなければなりません。英語検定1級もあるとよいでしょう。トーイックも点数が高ければ高い程よいです。